今月の特集

夏の文庫本特集

夏に読みたい文庫本を紹介します!

あなたが愛した記憶

誉田哲也 箸/集英社

704円

興信所を営む曽根崎栄治の前に、女子高生・民代が現れる。十九年前に突然姿を消した恋人・真弓が産んだ栄治の娘だと主張する彼女は、二人の人物を探して欲しいと依頼する。半信半疑ながら栄治が調査を進めるうち、民代は、調査対象者のどちらかが世間を騒がす残虐な連続監禁殺人事件の犯人だと言いだし…。この子は一体、何者なのか。犯人の正体は何なのか。

草花たちの静かな誓い

宮本輝 箸/集英社

946円

なき叔母から莫大な遺産を相続することになった弦也。だが27年前に死んだと聞かされていた叔母の娘レイラが失踪中と知り、弦也は彼女の行方を追い始める。

琥珀の夢  上

伊集院静 箸/集英社

814円

日本初の国産ウィスキー造りに心血を注いだサントリー創業者と、旺盛なチャレンジ精神を受け継いだ末裔たちを描く。

高校事変

松岡圭祐 箸/KADOKAWA

858円

平成最後のテロ事件を起こした主犯格の次女、結衣。支持率向上を狙った総理大臣が訪問中の高校に、彼を人質にとろうと目論む武装勢力が乱入する。結衣が幼いころから身につけた化学や銃器の知識で武装勢力に応戦する中、次第にテロの驚愕の目的が明らかになる。

ロウソクの化学

ファラデー 箸  三石巌 訳/KADOKAWA

572円

ロンドンの貧しい家に生まれたファラデーが1本のロウソクを用いて科学、自然、人間の深い関係を解き明かしていく。子供たちへの慈愛に満ちた語りと鮮やかな実験。2人の日本人ノーベル受賞者が科学者を志すきっかけになったと語った、永遠の感動的名著。

民王

池井戸潤 箸/KADOKAWA

704円

熾烈な総裁選を勝ち抜いて内閣総理大臣に就任した与党民政党の武藤泰山。支持率を上げようと生き込んだのも束の間、まさかの事件に巻き込まれ、国民に醜態をさらすことになる。夢か現か、新手のテロか。総理とバカ息子が挑む笑撃のサスペンス。

月の影 影の海  上

小野不由美 箸/新潮社

572円

「お捜し申し上げました」―女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。男とはぐれ一人彷徨う陽子は、出会う者に裏切られ、異形の獣には襲われる。なぜ異邦へ来たのか、戦わねばならないのか。怒濤のごとく押し寄せる苦難を前に、故国へ帰還を誓う少女の「生」への執着が迸る。シリーズ本編となる衝撃の第一作。

君が夏を走らせる

瀬尾まいこ 箸/新潮社

737円

ろくに高校に行かず、かといって夢中になれるものもなく日々をやり過ごしていた大田のもとに、ある日先輩から一本の電話が入った。聞けば一ヵ月ほど、一歳の娘鈴香の子守をしてくれないかという。断り切れず引き受けたが、泣き止まない、ごはんを食べない、小さな鈴香に振り回される金髪少年はやがて―。きっと忘れないよ、ありがとう。二度と戻らぬ記憶に温かい涙あふれるひと夏の奮闘記。

それでも、日本人は『戦争』を選んだ

加藤陽子 箸/新潮社

880円

膨大な犠牲と反省を重ねながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思いなお参戦やむなしの判断を下した。その論理を支えたものは何だったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す史料が行き交う中高生への5日間の集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感のなかで生き、考える日本近現代史。

きみの友達

重松清 箸/新潮社

781円

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

backnumber