お知らせ・イベント

2018年
02月19日

【石川松任店】文芸書、最高の一冊を探せ!

[ お知らせ石川松任店 ]

いつもは「知名度にこだわらない一推しの文庫本をご紹介」と称して、文庫のおすすめを紹介している松任店ですが、

今回からは同時並行で文芸書のおすすめを紹介していきます。

題して「文芸書、最高の一冊を探せ!」

最初の一冊は、

佐藤究『Ank:a mirroring ape』!

 

ank.jpg

2026年、近未来の京都。一頭のチンパンジーと暴徒と化した人々。そこで何が起こったのか?

 

ank1.JPG

ank2.JPG

血と暴力に覆われた激しくも壮大なドラマは、やがて戦慄を伴った衝撃の結末を迎えます。深い考察に裏打ちされた、とても広い視野を持った物語です。場所や時間がめまぐるしく変わり、知識や情報に溢れた本書は決してとっつきやすい作品とは言えない(読みにくいというわけではありません)かもしれません。しかしそれを拒絶してなお(いやその拒絶があるからこそ)輝く本書を、もっと多くの人に読まれて欲しいと心から思います。

 

そして併せて、

 

ank3.JPG

 同じく世界規模の壮大なテーマを扱った、予測不能の冒険ミステリ『サハラの薔薇』も展開しております。

 レジ付近にて展開中!