CD・DVD・ゲーム情報

「シン・ゴジラ」

2017年03月24日

興行収入82.5億円超の大ヒットを記録したシリーズ第29作

巨大不明生物に日本はどう挑むのか

dvd201703_02.jpg

 '14年に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ2014』の続編製作も進むなか、本家の東宝版ゴジラが12年ぶりに復活!庵野秀明が総監督&脚本、樋口真嗣が監督&特技監督を務め、突如出現した未知の巨大生物に挑む日本政府の戦いをリアリティたっぷりに映し出す。徹底した取材に基づいた政府関係者たちの濃密なドラマは大きな反響を呼び、興行収入82.5億円超の大ヒットを記録した。
東京湾から東京都内に上陸した巨大不明生物=ゴジラは数回の変態を繰り返しながら首都を破壊。内閣官房副長官の矢口(長谷川)は、研究者と技官からなる混成チームを率いてゴジラ撃退に奔走する。初めてフルCGで描写されたゴジラの脅威や大迫力の戦闘シーンはもとより、手に汗握る政治群像劇としても見ごたえ十分。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみほか328人の豪華キャストが、未曽有の危機に直面した人々の奮闘を迫真の演技で表現している。

 

シリーズ最大の体長を持つ新たな"ゴジラ"が誕生!

dvd201703_03.jpg

シリーズ最大となる118.5mの体長を誇り、あらゆるものをなぎ倒す長大な尻尾が目を引く新ゴジラ。焼けただれたような皮膚に赤く発光する胴体、感情移入を拒む小さな眼球が特徴的。狂言師、野村萬斎の動きをモーションキャプチャーでゴジラに反映した。